カーシェアリング比較

カーシェア付帯保険を比較する(タイムズ/カレコ/オリックス)

カーシェアリングの保険と補償制度

これからカーシェアリングを利用しようとしている方の中には「カーシェアの保険って大丈夫なの?」「自分で契約しなければならないの?」と不安に思われている方もいらっしゃるかもしれません。

カーシェア利用中の事故には、どのような保険が適用されるのでしょうか?

カーシェア車両には自賠責保険の他にも、必要最低限の保険は掛けられています。利用される方の価値観やポリシー、金銭感覚にもよるのですが、必要以上の手厚い補償(弁護士費用の特約など)はありません。

カーシェアの自動車保険や補償

保険料は全てカーシェア利用料金に含まれていますので、補償範囲内の事故については追加の費用負担はありません。

ただし、契約内容や免責額は今後変更になる場合があります。個人間でクルマをシェアするマイカーシェアなどは別途「1日自動車保険」などの契約が必要になることが多いので、そのつど確認が必要になります。
 

カーシェア付帯保険の必要性

カーシェアリングであっても自動車保険の必要性(大義)は一般(マイカー等)の自動車保険となんら変わりません。少なくとも「被害者への補償」と「車両の現状回復」の2点が満たされる保険への加入が求められます。これらの補償は自賠責保険だけではまかないきれない点も同様です。カーシェア(レンタカー)は貸渡車両に定められた額以上の保険が掛けられていないと営業の許可が下りません。よって、全てのカーシェア車両には、「被害者への補償」と「車両の現状回復」の2点において、十分な補償を行うことができる自動車保険が掛けられていることになります。

カーシェアリングは車両が無いと営業自体が成り立ちませんので、事故などで故障した場合は早急に完全な形で現状回復させなければなりません。マイカーのようにお金が無ければ修理は後回しという訳にはいきませんので、車両保険にももちろん加入しています。初回の事故の免責金額は0円ですので、万が一事故を起こしてもノンオペレーションチャージ以外に修理代の持ち出しはありません。しかし、会社によっては2回目以降は0円でなかったり、大きな事故を一定期間に複数回おこすと会員資格が取り消され全額を請求されてしまうこともあります。これは心しておきましょう。
 

カーシェア付帯保険の補償金額比較表


カーシェア付帯保険の補償金額比較
項目 タイムズ カレコ オリックス
対人補償 無制限 無制限 無制限
対物補償 無制限(免責0円) 無制限(免責0円) 無制限(免責0円)
車両補償 時価額(免責0円) 時価額(免責0円) 時価額(免責0円)
人身傷害補償 無制限 1名につき6,000万円まで(無保険車傷害2億円) 1名につき3,000万円まで

・対人補償とは、他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償です。
・対物補償とは、他人の物や車に損害を与えた場合の補償です。
・車両補償とは、カーシェア車両に損害があった場合の補償です。
・人身傷害補償とは、自身や同乗者が死傷した場合の補償です。

上の表にまとめた通り、カーシェアの保険、補償制度は必要最低限の範囲はカバーしていると言えそうです。事業者ごとの詳細・注意事項は以下のリンクからご覧ください。

タイムズカーシェアの補償制度
カレコの保険・補償制度
オリックスカーシェアの補償制度とロードサービス

カーシェアの保険料は利用料金に含まれていますが、私たち利用者は保険契約の内容を変更する事ができませんので、しっかりと確認してから利用したいところですね。また、貸渡約款や利用上のルール違反をすると保険適用外となってしまう事もありますので十分に注意してください。ルール遵守と安全運転をより一層心掛けなければなりませんね。

 

-カーシェアリング比較

© 2020 カーシェアライフ