カーシェアリング知識

自転車可のカーシェアステーションとは

自転車可(駐輪可)もカーシェア選びの条件?

カーシェアリングサービスを利用していると、「カーシェアステーションまで自転車で行き、クルマを返却する時間まで、空いた駐車スペースに(乗ってきた自転車を)とめておけたら便利なのに」と思うことがよくあります。

カーシェア選びで大切な条件のひとつに、「ステーションまでの距離」があります。ステーションが近ければ近いほど、カーシェアをより気軽に、より便利に利用できるからです。

駐輪可

メインステーションのクルマが予約できない時でも、遠くのステーションをサブステーションとして活用することもできますので、「どのカーシェアサービスに入会するか」の選択肢も少しは広げられますね。

カーシェアサービスを運営する会社も、そのような顧客のニーズは把握していると思いますが、自転車可(駐輪可)のステーションはとても少ないのが現状です。
 

自転車駐輪可のカーシェアならカレコ

現在、カーシェア利用時に駐車枠内(車室内)に駐輪することを許可しているサービスは、カレコ・カーシェアリングクラブ(三井不動産リアルティ株式会社)の1社のみで、その中でも同社が運営する「三井のリパーク」のみで認められています。

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県のリパーク(一部対象外のステーションもあります)で自転車可となっており、カレコでも東海、関西圏では利用できないようですね。

自転車可のステーションでは、予約した時間内に限り、自転車1台を車室内の車止め後方部分に駐輪することができます。自動二輪車および原付自転車、その車室のカーシェア車両以外の自動車の駐輪、駐車はできません。

カレコ自転車駐輪位置

出典:自転車でお越しいただけるステーション
https://www.careco.jp/flow/manual/bicycle/

カレコ以外の会社では、ごく一部のステーションを除き、カーシェア利用時であっても駐車枠への駐輪は原則禁止されています。駐車枠外や路上への駐輪ももちろん禁止です。例えばタイムズカーシェアなら、枠外駐輪や路上駐輪を第三者への迷惑行為と判断された場合、貸渡約款に違反したとして会員資格の停止などのペナルティを受けることも考えられます。

なぜカレコ1社だけなのか?駐輪不可の理由は定かではありませんが、便利でありがたいサービスですので、自社グループで駐車場を管理しているタイムズカーなどでも取り入れていただきたいですね。

自転車でカーシェアステーションまで行きたいなら、現在は「カレコ・カーシェアリングクラブdカーシェアからの利用を含む)」の一択になります。ステーション検索で「(自転車可)」の表示のあるステーションが駐輪可能ですので、お住まいの地域を検索してみてください。

カレコの「自転車可」のサービス地域以外にお住まいの方や、他のカーシェアサービスをご利用の方が自転車を使いたいなら、折りたたみ自転車でステーションまで行き、カーシェア利用時はトランクに積んでおく方法が良いですね。
 

カレコ・カーシェアリングクラブ

 

-カーシェアリング知識

© 2021 カーシェアライフ